ペットの皮膚病は対策すれば改善できる|病院の治療も有効的

飼いやすさを知ろう

犬たち

チワワとミニチュアダックスフントのミックス犬がチワックスです。チワワのような目とミニチュアダックスフントのような長い胴をした体を持っています。人懐っこい性格ですが知らない人には人見知りをすることがあります。チワックスは見た目の可愛らしさや飼いやすさから人気となっています。

ペットの教室が人気

家族

犬のしつけ教室では、多彩なプログラムを設けており、目的に合わせて好きなコースが選べるのが魅力です。ペットの問題行動をやめさせる目的で、犬のしつけ教室を利用する方も最近は多く見られます。プロのトレーナーのしつけを求める、利用者が増えています。

雑種犬が続々登場

レディと犬

2つの犬種のミックス犬は、新しい魅力があるとして購入希望者が増えています。ミックス犬を購入する時は、想定外の状況が起こる可能性も把握しておきます。ミックス犬の大きさについては、特に考慮が必要になってきます。

犬や猫が体を引っ掻く

獣医とドッグ

過剰なシャンプーに注意

ペットの皮膚病は放置しておくと舐めたり咬んだり引っ掻いたりして、どんどん悪化していく恐れがあるので注意が必要です。皮膚病にかかっても痒いのか痛いのか気持ち悪いのか、ペットは言葉で伝えることができません。飼い主は常にペットの様子や肌の状態に気を配り、異変があったら適切なケアを行なう必要があります。ペットの皮膚病の原因としては、寄生虫や感染症やアレルギーなどが考えられます。いつも清潔にしていれば皮膚病を防げると考えるかもしれませんが、むやみに洗いすぎると肌が乾燥したり、シャンプーの成分がアレルギーを引き起こしたりして、かえって悪化する可能性もあります。原因に合わせて正しい対策を講じることが大切です。

原因に合った対策を

素人判断でペットの皮膚病に対処するのは困難なため、的確に治療するには獣医師を利用するのが基本と言えます。動物病院では各種の検査を行なって皮膚病の原因を突き止め、最も適切な治療を施すことができます。たとえば寄生虫症には殺ダニ剤や抗炎症薬を、細菌やカビの感染には抗菌剤や抗真菌薬を使用します。これらの薬も使いすぎると耐性菌が発生する原因になるので、慎重に治療を進める必要があります。アトピー性皮膚炎には抗アレルギー剤やホルモン剤を用いますが、普段の食事や運動などの習慣にも気をつけなければなりません。どんな薬でも必ず効くとは限らないため、獣医師と飼い主が協力して、じっくりと治療に取り組むことが大切です。